2007年9月16日日曜日

Second Life と Oracle

上海のOOW で簡単なデモをやっていたらしい。
OracleのBI製品をSecond Lifeの世界と接続し、Second Life内での取引状況を可視化するものだ。このシステムはSecond Lifeが用意するWeb Service APIを通じてBI製品へ情報を取り込んでいるもの。
SLからデータの出力はできそうだが、外部からの入力にはかなり制限がありそう。QucikTimeの動画にして llParcelMediaCommandList など使用すれば検索結果が表示されるかも?しれないが。  
(QuickTimeだけでなく インタラクティブでない.swf は対応)

CGI で http Server と Oracle を連携しだした頃の騒ぎを思い起こさせる。
実際に API を検索してみたがExchange Risk API ,Registration API くらいしかまだここでは公開されていない?  IBM の Sametime と Second Life の連携例があった。
いやいや LSL はすごく進んでいる。(日本語訳もあり)

LlHTTPRequestでの検索がいい。
ジュークボックスは検索の追加キーとしてメモ
これCD-ROM FONT は1989年か

Migration Python2.7への移行

1. 以前のプログラムのソースをダウンロードして、 app.xml を変更して deployする 503 python -V // まず Mac にインストールされている python のバージョンを確認 504 pwd 505 curl https://sdk.cl...